健幸まちづくりプロジェクト

健幸まちづくりプロジェクト

image_kenkou

プロジェクトの説明

~健康で暮らしやすい長寿社会の実現のために~

全国の高齢化問題は、気仙沼市も例外ではなく2040年に気仙沼市の65歳以上の高齢化比率は47.5%と国立社会保障・人口問題研究所では試算しています。WHOにより定義されている、日常的に介護を必要とせず自立した生活ができる生存期間「健康寿命」。気仙沼市は、海と山が隣接し独自の海山文化を持っています。海や山の自然を活かした社会参加事業との組み合わせにより、健康寿命の長い「健幸まちづくり」の実現を目指します。

プロジェクト | 健幸まちづくりプロジェクト