MEMS 災害公営

MEMS 災害公営

プロジェクトの概要 | 公営住宅へのMEMSを基盤とした事業の導入プロジェクト

プロジェクトの説明

~エネルギーの効率的利用を備えた「スローでスマートなまちとくらし」のために~

省エネルギー推進、エネルギーの効率利用、災害時における自立エネルギー源の確保のための有効な対策の一つ、スマートグリッド。その実現のために災害公営住宅へスマートメーターを設置し、通信ネットワークを利用して、電力消費量や機器の稼働状況をきめ細かく把握することでエネルギーの効率的利用をするくらしの実現を目指します。

スマートメーターを活用したMEMS(マンションエネルギー管理システム)事業と導入に伴い整備されるICT(情報通信技術)を活用し、高齢者を支援する新たな生活サービス導入の可能性も広がります。(例:見守りサービス、病院と家庭との連携、居住者間コミュニケーション)更に必要に応じては太陽電池システムの導入、熱設備の導入など「防災対策をさらに強化したくらし」を目指していきます。

プロジェクト | 公営住宅へのMEMSを基盤とした事業の導入プロジェクト